田中労務経営事務所  業務日誌

埼玉で社会保険労務士をやっています。日々の業務にまつわるあれこれを綴っていきます。

特定技能 合格伸び悩む

f:id:tanaka-sr:20200225000811j:plain


出入国管理法を突貫工事で改正し、鳴り物入りで整備した「特定技能」ですが、令和2年2月中旬までで合格者数が2400人強と、政府の受け入れ見込み4万人を大きく割り込んでいることが報道されました。

海外合格者の第1陣は今年4月に来日する予定ですが、送り出し側のアジア諸国からは、日本の拙速な制度導入に批判の声も上がっているようです。

 

特定技能は、2019年4月に新設した在留資格で、人材不足が深刻になっている介護、建設、外食、農業等14業種で外国人労働者を受け入れることができるものです。

最長5年間の在留を認める「1号」と、家族の帯同や在留資格の更新を認める「2号」があります。

f:id:tanaka-sr:20200224234843j:plain

 

初年度受け入れ見込みは最大4万人、5年間で約34万5千人受け入れを見込んでいました。

2019年4月には法務省入国管理局を格上げして在留外国人の一元管理・支援を行う「出入国在留管理庁」を設置したあたりに、政府の本気具合いが見て取れます。

 

見て取れますが、残念ながら出だしコケましたね。

 

最も合格者数が多かったのは「介護」で、昨年4月のフィリピン、その後カンボジアインドネシア、ネパール、モンゴルで試験が実施されています。

約3000人が受験したそうですが、合格者が1400人でうち85%をフィリピン人が占めたということです。流石はフィリピン。

その後外食等順次試験が行われ、3月に建設等の試験が行われて14業種が出そろう予定です。

 

海外受験者のほか、日本で3年間の技能実習を終了して特定技能に切り替えた人や日本での試験に合格した外国人もこの在留資格を取得できます。

昨年12月末に特定技能で日本に在留する外国人は1621人。そのうち9割は技能実習からの切り替えということです。

とはいえ、4月に入国してくる海外受験組を合わせても1万人を下回る見込みですから、目標達成率は超低調。

 

技能実習だと最低賃金以上であればOKなのですが、特定技能だと日本人と同等以上の待遇が求められます。また、技能実習では認められていない転職が認められるなど、主な就職先となる中小企業にとっては「あえて採用するメリット」が薄く受け止められてしまうリスクを抱えています。

 

実際、賃金水準が低くて転職しない技能実習を求める声が多くなっています。

そのせいなのか、まあ、そのせいなのでしょう、2018年度の技能実習生は367,709人でしたが、2019年度は400,000人を超える予想です。

f:id:tanaka-sr:20200225005515j:plain

 

もともと見切り発車といわれている制度で、今年度は準備期間のつもりかと思いますが、最大の送り出し国と想定されていたベトナムで現地手続が滞っているのは大きな誤算になっているものと思われます。

日本語試験等に合格しないとならないので、渡航希望者にとってもハードルはかなり高いし、準備不足で送り出し側のアジア各国で手続きの遅れが響いている現状からすると、劇的に改善することは難しいでしょう。

 

この制度を安定的に継続しようとするならば、まず送り出し側の国に養成のための仕組みを作り上げないと無理だと思います。

分かりにくい制度で渡航資格を取り、異国で働くというのは外国人の方たちにとってもリスク高いと思います。お金もかかるだろうし、渡航までに時間がかかりすぎます。

また、受け入れ側企業にとっても、特に地方の中小企業にとって転職リスクは看過できない難点です。

 

既に全世界的に人手不足となりつつある中、働き手の受け入れ先としてシンガポールや韓国よりも魅力的な働き先となることができるのか、更に本腰を入れた対応が必要と考えますが、さて、次の一手はどう打ってくるのか、注目していきたいと思います。

 

厚生年金、加入逃れ対策強化 雇用保険の情報活用

f:id:tanaka-sr:20190310172258j:plain

厚労省日本年金機構は、厚生年金保険の加入逃れ(加入漏れ)対策として、取り締まりを強化することを発表しました。

www.nikkei.com

 

具体的には、2020年4月から4年間を集中対策期間とし、雇用保険加入者情報をもとに34万件ともいわれる社会保険加入対象事業所に対して、適用指導を強めていくということです。

まずは、従業員5人以上、若しくは家族以外の従業員を雇用する法人事業所の未加入解消から始めるとのこと。把握されている数が5,000軒ということですが、2021年度までの2年間で適用を終える予定で進めると。

雇用状況が分からない事業所に対しても、個別訪問をして実態把握をし、対象と判明した場合は、2023年度までにこれも適用させると、こういうことです。

 

これまで日本年金機構は、国税庁からの源泉徴収に関する情報提供を受けて適用勧奨をしてきました。

f:id:tanaka-sr:20200224012502j:plain

2015年末に97万件あった未定期用事業所が34万件まで減ったのですから一定の成果は上がったようですが、残り3分の1適用に向けて強化するということですね。

 

参考資料:被用者保険の適用拡大関係資料集ー厚生労働省.pdf

 

問い合わせに応じないなど故意に適用逃れをしている悪質な例も多い半面、経営・資金繰り的に加入できない事業所もあるのが現実で、現場を見ている社会保険労務士としては「うーん」となるところです。

労務管理や賃金管理といった面では力になれるのですが、受注金額の低迷や優越的地位の濫用による消費税や諸費用の押し付け、売れ残り商品の強制的な買取など経営を圧迫する要素に対する支援は難しいです。

  

 

f:id:tanaka-sr:20200224012822j:plain

上記のような流れで、進めるということですが、年金事務所の職員数だけで全ての戸別訪問まで手が回るのか疑問です。

恐らく入札で民間企業に委託するのではないかと思いますが、社会保険労務会が手をあげるのか、もしくは随契で受注するのか、気になります。

また、他の民間企業がこれを行う場合でも、訪問した現場で問題にならないか心配でもあります。

 

5人以上の従業員を雇用する士業が任意適用から強制適用になることについては以前にこのブログに書きましたが、加入促進にかなり本気で取り組んでくるということが見受けられます。 

tanaka-sr.hatenablog.jp

 

未だ社会保険を適用できていない事業所においては、もう時間がありませんので早めに社会保険労務士へご相談いただきますよう、ご検討いただきたいです。

 

徹夜祭り

f:id:tanaka-sr:20190404013341j:plain

出ました。

徹夜パンダ。

 

久しぶりに今日は徹夜しました。

 

一昨日(19日)、昨日(20日)と全国社会保険労務士会連合会主催の働き方改革研修会に出席していたものですから、仕事がオセオセで。

でも、同一労働同一賃金のところが良く理解できましたので、2日間大宮まで足を運んだ甲斐はありました。

 

そんなわけで、顧問先の社会福祉法人が4月に設置する小規模保育施設認可申請書関連書類を作成してました。

提出期限21日の書類をなんとか作成し、さっきメールで送信完了・・・

あとは、登記されていないことの証明書が早く届けばいいのですが。

 

本当に、この年になると徹夜がきついです。

今日はこのまま八王子の顧問先様へご訪問。

取って返して、狭山市内の顧問先へ給与明細書をお届けに行かなくては。

 

今のところ、3月いっぱいまで1日も予定の空きがありません。

ありがたいことです。

 

さて、今日も頑張ろう。

 

息子と飲みに行きまして

f:id:tanaka-sr:20200220001057j:plain

このところ、というか、ずっと仕事が立て込んでいて、ブログの更新ができませんでした。

 

さて、13日(木)に息子と飲みに行ってきました。

彼は民間の会社に働く社会人3年目

今後のあれこれを、腹を割って話そうと思い、都内の顧問先へ定期訪問に行った帰りに池袋で16時に集合。息子の方は休日です。

 

店が開くまでの間、立大生御用達の サクラカフェ で近況を話して時間調整。

f:id:tanaka-sr:20200220001722j:plain

 

ジュンク堂によって時間調整をして、母家さんへ。

以前に知人に連れられてきたお店ですが、串もの一般、何でもおいしいお店です。

f:id:tanaka-sr:20200220001921j:plain

平日19時までは「母家のお得な晩酌セット」というお得メニューがあります。

飲み物1杯に、串もの5品と小鉢がついて1,800円(税別)

 

僕はビールで、息子は日本酒(母家)

蛇の目のぐい飲みになみなみ注いでくれます。

f:id:tanaka-sr:20200220001934j:plain

串ものは、地鶏、ハツ、レバー、正肉、皮。

美味しかったなぁヽ(^o^)丿

 皮は絶妙の焼き加減でジューシーで、焼きすぎて焦げ焦げなんて皆無です。

ハツも、ちょっと他では食べられないようなプリプリでしっかりした歯ごたえ。

白眉なのはレバーですね。

食べると口の中で溶けてしまうような柔らかさで、濃厚な味が広がります。

まるでフォアグラのようなまったりさ。

タレがまた素材を邪魔せず、いい味なんですよね。

 

堪能した後は、息子が行きつけだったバー Abbot's Choice へ。

f:id:tanaka-sr:20200220003018j:plain

 

最後はもう1軒、西口にあるバー(ここは秘密です)へ行ってお開きに。

16時にあって、22時まで飲み歩いてました。

f:id:tanaka-sr:20200220003323j:plain

 

今の会社のこと、これからのこと、最近何しているとか、久しぶりにたくさん話しました。

息子と飲みながら話をできるって、本当に楽しいことなんですね。

父とは、二人だけで飲みに行って話すなんて1度もしなかったので、少しの申し訳なさと、少しの後悔があります。

まあ、早く他界してしまったということもありますが。

 

これからも、こんな時間を大切にしたいですね。

 

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~

f:id:tanaka-sr:20200211214402j:plain

 

確定申告も日に日に迫り、いよいよ算定届までロングランの繁忙期に差しかかってきました。

 

そんな中、昨日は、総合労働相談所・年金相談センター運営委員会 の委員会・研修会を開催し、朝10時から夜20時過ぎまで一日浦和におりました。

 

講師慰労の懇親会をした「王龍(わんろん)」

中華美味しかったです(^^♪

飲み放題で予約をしたのに、アルコール成分の入った飲み物を頼んだのは11人中4人という目論見ハズレにはなりましたが、講師を囲んで楽しい時間を過ごしてきました。

tabelog.com

 

 

中華といえば、先日、狭山市入曽の名店「蓮華」に初めて行ってきました。

www.renge2008.com

ここは 四川料理 のお店で均等に辛いものが多かったですが、美味しかったです。

地元にいるとなかなか行かないもので、気にはなっていたのですが。

駐車場に入りにくいのだけが残念ですが、狭山まで来るだけの価値があるお店です。

 

事務所の近所にある「燕京」もすっごく美味しいですけどね。

 

それはさておき

amazon prime の会員登録をしてまして、prime video 見られるのは前にこのブログにも書きました。 

tanaka-sr.hatenablog.jp

 

知人から、モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ がおススメと聞いておりまして、うっかりちょっと見てしまいました。

 

これ、ニューヨーク・タイムズに連載する人気コラム「Modern Love」に投稿された記事を元にドラマ化したamazon primeオリジナル作品なんですね。

1エピソード30分完結で、シーズン1は全8エピソードで構成されています。

f:id:tanaka-sr:20200211220443j:plain

 

エピソード1は 私の特別なドアマン(When the Doorman Is Your Main Man)

監督・脚本は ジョン・カーニー  です。

ONCE ダブリンの街角で」や「はじまりのうた BEGIN AGAIN」という作品が高評価を受けている監督です。

 

クリスティン・ミリオティ演じる ”マギー” とローレンス・ポッサ演じる高級アパートのドアマン ”グズミン” の交流を描いています。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、最後にしっかり伏線を回収して、見た後は暖かい気持ちにひたれます。

これも「愛」のかたちなんですね。

投稿された実話に基づいて作られているというのが、物語に深みを与えてくれます。

 

グズミンがとにかくカッコいいのです。

僕のイメージだとニューヨークのドアマンというより、イギリスのバトラーという感じなのですが、いやいや、すごくイイんです。

 

現在見られるのはシーズン1ですが、シーズン2の製作は決定しているそうです。

エピソード2以降も、とっても素晴らしいらしいので、感想を書きたくなったらまたブログに上げます。

 

埼玉県環境計量協議会様で、講演をさせていただきました

f:id:tanaka-sr:20200202201822j:plain

1月31日、一般社団法人 埼玉県環境計量協議会様からのご依頼で、働き方改革について講演をさせていただきました。

 

当日は、埼玉県環境計量協議会様の開催する新春講演会・意見交換会ということで、まずは私の担当する働き方改革についての講演を90分間、続いて埼玉県環境科学国際センターの原先生地球温暖化(都市の気候の変化)についてを60分という2本立てです。

 

このために1か月をかけてパワーポイントでスライドを作りまくり、トータル100枚を超えてしまったため見直したものの、結局86枚で臨みました。

案の定、詳細に、全てに時間をかけていたら90分で終わるわけもなく、かなりメリハリをつけての講演となりました。

 

新春講演会ということでしたので、細かい法律の内容をしゃべっても面白くないし、また、環境計量士さんの団体ということでかなり特殊であることも考えて、「何故、今、働き方改革なのか」ということに注力して進めました。

 

1月28日には入間市の保育幼稚園課のご依頼で講師をしてきましたが、あの時は最大20人くらいと聞いていたのでかなり楽に臨めましたし、話のネタは引き出しから溢れるほどあったので、それほど苦労はしませんでした。

tanaka-sr.hatenablog.jp

 

今回は聞き手が60人くらいとのことでしたし、埼玉県社会保険労務士会からの派遣だったから失敗はできないと、気合を入れて準備をしました。

所沢支部の講師名人から、講師鉄則というか、心得というものを改めて教わり、いつものように笑いの取れる講演を目指して奮闘した結果、なんとかこの日伝えたかったことは伝えられ、爆笑とはいきませんでしたが、軽い笑いは取れましたヽ(^o^)丿

 

原先生のよる地球温暖化の話は、とてもためになりました。

これを聞けただけでも、この講演の仕事を受けた甲斐があったというものです。

意見交換会でも原先生とお話しでき、最後は駅のホームまでご一緒できたのですが、理系の先生というのは頭の回転が速くて、お話ししていて面白いです。

 

協議会会長様を始め、副会長、理事の方や会員企業の皆さん、皆さん良い方ばかりで、普段聞くことができない環境計量士の仕事など興味深い話をうかがえて、楽しい一日でした。

www.saikankyo.jp

環境計量士というのは、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格で、環境分析などの仕事に従事する方たちです。環境に関する濃度、騒音並びに振動についての計量結果を証明(計量証明書)するのに必要な資格となっています。

環境計量証明事業所といわれる民間分析会社で働くことが多く、計量証明書は環境計量士にしか発行することはできません。

 

地球温暖化を始め、環境保全は近時大きな関心をもって捉えられてきており、今後もっともっと注目されていくのではないかと思います。

SDGsでも環境は持続的に達成して行かなければならない重要な分野となっています。

f:id:tanaka-sr:20200202210616p:plain

とはいえ、仕事の特性上長時間勤務となりがちな業界。

経営者の皆さんもわかってはいるのだけれど、働き方改革関連法への対応は、なかなかに大変なようです。

 

川越モディ閉店

f:id:tanaka-sr:20200202212504j:plain

2020年1月31日(金)川越モディが閉店しました。

 

川越では、2019年9月1日に、丸広百貨店屋上遊園地「わんぱくランド」が閉園したことで話題になりましたね。

f:id:tanaka-sr:20200202212957j:plain

1968年から51年間にわたって親しまれてきた屋上遊園地の閉園は、僕としてもかなり残念な気持ちでいっぱいでその日を過ごしました。

小学校に上がる前のころですが、両親に連れられて遊びに行き、乗り物に乗った後はレストランでご飯を食べて帰ってきたのを覚えています。

あのころのデパートは、本当にハレの日に出かける特別な場所でした。

 

 

さいたま新都心働き方改革についての講演をしたあと、川越駅経由で帰る途中に人だかりがありました。

見ると、ちょうど川越モディの閉店時間で、店長さんが閉店挨拶をされていました。

f:id:tanaka-sr:20200202211739j:plain

そして、シャッターが降ろされていきます。

f:id:tanaka-sr:20200202211750j:plain

 

モディは丸井グループのテナント店です。

もともと丸井川越店だったのですが、2007年に商業ビルとして転換し、営業を続けてきました。

今後も4階・5階は営業を続け、賃貸ビルとして残るようです。

 

栄枯盛衰、諸行無常ですね。

 

一方、2020年1月17日に貢茶(Gong cha ゴンチャ)がアトレマルヒロ川越店にオープンしました。

これまたえらい人気で、この日時刻は20時を過ぎているのにお店の外まで20mくらい並んでいました。

タピオカブームはまだまだ衰えないようです。

 

 

ピーター F. ドラッカーは、企業も目的は継続していくことであると言っています。

ですが、ただ働いているだけでは継続していくことができません。

本当にかじ取りの難しい時代になりました。

チャールズ・ロバート・ダーウィンが言うように強い者ではなく環境に適応出来る者が生き残る」というのは正に現代を生き抜くための至言であると思います。

 

社会保険労務士の知見をコンサルタントとして活かしていくためには、現状を常に把握し、何が必要かを見極めイノベーションを絶え間なく起こしていくことが大切なのだと思います。

 

UNIQLOのセルフレジ

f:id:tanaka-sr:20200202185640j:plain

久しぶりにユニクロへ行ってみました。

 

大したものは買わなかったのですが、目的のものを見つけてレジへ行ったところ、

レジカウンターがない( ゚Д゚)

 

案内の店員さんが一人いて、呼ばれるままに進んでみると、ルフレではないか!

 

表示のとおりカゴを置くと、商品が自動的に認識されて目の前のタブレットに表示されます。

店員さんはマニュアルどおり購入点数のみ客に確認させて、あとは現金やクレジットカードでお支払いっと。

 

ここまで来ているのですね。

この形のレジは、2020年1月から導入されているようです。

値札をよく見ると、RFIDICタグ)という表記があります。

f:id:tanaka-sr:20200202190852j:plain

この値札をはがすと

f:id:tanaka-sr:20200202191255j:plain

裏にこんなものが。

 

RFID(Radio Frequency Identification)タグというのは、電波を用いてタグのID情報を非接触で読み取るシステムです。

JRの「Suica」よりも電波が遠くに届く上に、複数点を一括で読み取れるのが優れています。

なのでカゴ内の商品を瞬時に判別して支払金額まで表示できてしまうのですね。

支払いをスマホやクレジットカードなどと連動させ、自動決済としてしまえばレジ自体がいらなくので、やっぱり革新的です。

 

人手不足のこの時代、こうして代替手段を開発して人間は人間でなければできない仕事に集約させるというのが効率化、本当の働き方改革なのでしょう。

 

RFIDも世の中にもっと普及し、量産化技術が進めば1枚1円くらいまでコストダウンできるそうです。

 

先駆けて取り入れてしまえるところがファーストリテイリング、栁井正社長の凄さですね。

 

今後、もしかしたら社会保険労務士も、省力化技術や効率化に関する科学的な情報をしっかりと把握してクライアントへ提供できることが必須の時代となるかもしれません。

 

支部でこんな研修をやってくれといっても、ちょっと早いかな。

 

ちょっと考えさせられた買い物でした。

 

 

研修講師をしてきました

f:id:tanaka-sr:20200128222356j:plain

本日、入間市で研修講師をしてきました。

 

昨日から天候が崩れ、事務所から帰るときにはかなりちゃんとした雪が降っていたので心配していたのですが、朝には雨に変わり、午後から予定通りに開催できました。

 

今回は入間市保育幼稚園課様からのご依頼で、「人材確保につながる職場整備のヒント ~ 人材育成と離職防止」と題した研修の講師をさせていただきました。

 

保育所を取り巻く環境については、このブログでもたびたび書いていますが、その数年で劇的な変化が生じています。

待機児対策に端を発して保育士確保が大きな問題となり、その処遇改善を目的とした委託費加算や補助金などが唐突に支給されることになって、長く保育施設を運営してきたところでは正直ついていくのが大変な状態になっています。

 

この日は、生活発表会の準備などで忙しい時期にも関わらず、入間市内に20ある民間施設のうち、15人の施設長さん等に集まっていただけました。

職員確保について、今日の研修が少しでも役立てたらいいなと、頑張ってお話ししました。

f:id:tanaka-sr:20200128224837j:plain

 

このくらいの規模で行う研修だと、あまり気負わずにできるのでいいですね。

 

途中からスイッチが入ってしまい、いろいろな事例等を話すのが面白くなってしまって、うっかり時間オーバーしてしまったのは失敗でした(>_<)

ああなると、2時間でも3時間でも話し続けてしまうので、気を付けないといけません。

 

今日の感触では、社会保険労務士と顧問契約をしている法人はまだまだ少ないように感じました。園長先生が独力で労働法令その他を理解し、施設運営を行うことには大変なご苦労を伴っているものと思います。

 

埼玉県社会保険労務士会でも事業開発の一環として保育労務管理の委員会を立ち上げて、人的側面からの経営支援を行っています。全市とは言いませんが、こういう形で労務管理や法令についての研修をすることは、施設長さんにとっても、また市町村にとっても有用ではないかと感じます。

 

これで、昨年度の埼玉県保育協議会研修、鴻巣市施設長研修に続き、保育所関係では3回、講師としてお話をさせていただいてきました。

これからも研鑽を重ね、よりスマートで聞きやすい、こちらの意図が伝わる研修をできるように頑張っていこうと思います。

 

最近売れているらしい

f:id:tanaka-sr:20200126233809j:plain

最近、内定辞退セットなるものが売れているらしいです。

 

版元は「日本法令」です。

税別500円

 

昨年12月に発売されたもので、中身は、①手紙用便せん4枚、②内定辞退を伝えられる記載例入りの下敷き1枚、③郵送用封筒2枚、です。

この下敷きに便箋を置いて、上からなぞれば体の良い内定辞退届ができてしまうという代物です。

文例の一部を見ると、私なりに悩んだ末、別業界に進むことを決意いたしました。内定までいただきながら、はなはだ勝手ではございますが、何卒ご了承いただきたく存じます 」てな感じで、よくできてます。

この人手不足を象徴する商品といっても良いでしょう。

大学生協では品薄・欠品となっているらしいです。

 

 まあ、氷河期といわれた時代、企業からは「お祈りメール(貴殿の今後のご活躍をお祈りしますってやつですね)」一本で不採用となっていましたから、それを踏まえてなのか、面倒くさいのか、内定辞退もメールで済ませる学生がいることを考えると、500円支払ってでも直筆の手紙で辞退を伝えるというのは良い方なのかもしれません。

 

 企業の採用担当者に聞くと、「内定を出した学生が無断で辞退して、来なかった」「電話に出ない」「メールもスルー」という学生も多いようです。

その不満は大学の就職担当者へぶつけられるということなので、大学の名誉や後輩の就職活動にも影響は出るし、きっと願ったりの商品になっているのでしょう。

 

ただ、なんとなく「違う」感を感じてしまうのは古い人間ということなのかなぁと思ってしまいました。

 

ちなみに、退職願セットも販売されています。

税別800円(日本法令

f:id:tanaka-sr:20200126233817j:plain

 

最近、顧問先事業所に、退職代行業者からの退職通知が来ました。

✕✕ユニオン

ここ、もともと退職代行業の会社が合同労組として始めたところで、退職希望者の代理として活動してしまうと非弁行為になってしまうところを回避しようと、考えたようです。

退職代行の依頼を受ける(1件27,000円位かかるらしいです)と、当人はこのユニオンの組合員になり(きっと組合費という位置づけなんでしょう)、無事退職できると組合を脱退していいそうです。

 

この超人手不足ですから、なかには辞めさせない会社(辞めさせないパワハラ)もあると聞くので、そういう時には便利なんだろうなと思いますが、全く事業主も思い当たり節もない、むしろ人間関係はうまくいってると思っていた社員から代行業者を挟んだ退職通知とか来ると、結構がっかりします。

 

こういうことも含めて、「そういう時代になったんだ」と受け止めるしかないのでしょう。

 

でも、できれば、文章の内容なんて多少変でも構わないので、内定辞退や退職の時ぐらい、自分の言葉でしっかり描いて欲しいですね。

それもまた、自分を成長させると思いますし。