田中労務経営事務所  業務日誌

埼玉で社会保険労務士をやっています。日々の業務にまつわるあれこれを綴っていきます。

健康保険から労災保険への切り替えがうまくいかなかったとき

とりあえず健康保険を使ってしまって後から5号用紙を持って行ったが、月が変わってしまって医療機関が支払基金へ請求済みで、5号を受け付けてくれないこと、よくあります。

この場合は仕方ないので協会けんぽ等へ負傷原因届を提出して7割分を返納し、①窓口領収書、②返納領収書、③レセプトの写しの3点セットとともに労基署へ7号請求します。

このとき、医療機関の証明は要りません。

これを応用して、指定外医療機関(特に眼科とか耳鼻咽喉科とかの専門病院は多いですよね)で業務上災害の療養を受けたときはわざと健保を使い、病院を蚊帳の外に追い出した状態で労災手続きを進めるのもアリなのかなと。少し考えてしまったこの頃です。

(本当はダメだけどね。実務上なかなか最初から7号を用意して労災一本で進めるってできなかったりするんですよね。みんな健保証を使ってしまうので)